日経225先物のシストレのサインが外れることもあるのは、当たり前です。

システムトレードは、勝ったり負けたりを繰り返しながら資金を増やしていくものなのです。

「負けずに勝率100%で、やればやるだけ資金が増える」なんてシストレは存在しません。

トレードに「絶対」が存在しないように、シストレにも「絶対」は存在しません。

 

少しのドローダウンで、システムトレードを脱落してしまう方も多いのですが

実はシステムトレードは、負けている時こそチャンスなのです。

 

日経225が「上がる」か、「下がる」かの2択であるのと同じで

シストレも「勝つ」か「負ける」かの2択なのです。

 

負けが続いているシストレほど、勝つ確率が高くなります。

 

もし、システムトレードでドローダウンに陥ってしまってもシストレの脱落を少し考え直してみてください。

 

資産運用は長期戦です。

長い目で見て、少しのドローダウンにも耐えて、取り返していくのか

それとも

ドローダウンでマイナスのまま、脱落するのか

 

 

もちろん資産を増やすためのトレードですので、

「これ以上の損失を出す前に…」という気持ちも分かります。

資産運用を続けるにあたり、「負け」という事象は避けることができません。

ただ、同じように「勝ち」も同等にやってきます。

人間は感情のある生き物ですので、この「負け」をいかにやり過ごすかキーポイントです。
このとき、負けも必要経費と考えると自分を納得させ、次の「勝ちへと繋げる継続の第一手になり得ます。

 

 

ここで、ドローダウンをいかに乗り越えるか。

一番大切なのは資金量です。

 

資産運用は必ず資金に余裕をもってはじめてください。

 

資金量が少ない場合、

平常心でのトレードは困難と言えるでしょう。

生活がかかっている・または少しのドローダウンで追証発生の状況では余裕をもってトレードを行うことができず、

結果的にシストレの脱落をせざるを得ない状況に陥ります。

 

むしろ必要十分と考える額以上の資金量が理想です。

結果として、資金量に余裕があるほど気持ちに余裕がもて、好ましい結果へと繋がります。

 

システムトレードとドローダウン、その状況を乗り切るカギ

十分な資金と気持ちの余裕だと言えるでしょう。