日経225先物をシステムトレードで運用する際、

「せっかく利益が出ていたのに大引けまで待っていたら値が戻ってしまった」
「値が完全に戻ってしまって逆に損が出てしまった」

というケースがときどきあります。

 

利益が出ているときに裁量決済するのもありですが、

システムトレードは一定のルールに則って運用していくものなので、

自分に都合の良い時だけ利益確定したりロスカットすることは

システムトレードの範疇から外れてしまいます。
また、毎回この裁量トレードがうまくいくのならいいのですが、なかなかそう上手くはいきません。

そこで、完全ルール化された「利益確定(利食い)」の設定を熟考する必要があります。

 

まず、「利益確定(利食い)」のメリットは、

勝ち数が増え勝率が上がることです。

 

反面、利益の上限に自ら制限をかけてしまうため、損小利大、すなわち大勝ちのチャンスを放棄することになります。

これより、トレードシステムを構築するには、根本となるロジックの開発に加え、

適切な利確幅・ロスカット幅の設定が必要となってきます。