日経225先物取引の損失拡大を防ぐ策の1つにロスカット(損切り)があります。

※過去の記事:日経225先物 ロスカットについて

 

ロスカットは思わぬ損失を防ぐ意味でとても有効的ばものです。

ですが、ロスカットを設定すると勝率は下がります。

その理由は、

最終的な勝ち負けが未定の時にでも、その取引に負けの判定を確定させてしまう為です。

 

ロスカットのメリット

大引けまで待てば大きな損失を受けたものが、ロスカットにより損失を限定できることです。

 

逆にデメリット

ロスカットを設定をしたがために、大引けまで待てば勝てた日も、ロスカットに引っ掛かって負ける
大引けまで待てば小さな損失で済んだものが、ロスカットにより損失が大きくなる
要は、ロスカットはメリット・デメリットが表裏一体であるということです。

 

一見、デメリットのほうが多く感じますが、ロスカットでの損失というのは設定によってある程度の制限が可能です。

また、ロスカットによって受けた損失は、以降のシステムトレードにて取り返せる可能性が高いです。

システムトレードのロスカット設定はそういった観点からも考えられた設定金額になっているので、システムトレードをするうえでロスカットはあると心強いのではないでしょうか。