市場価格を予測するのに、現在には実に多様な考え方、アプロ―チがあります。

正統的な経済学の分析から、適正価格等を割り出すこと。過去の統計による、チャート分析、テクニカル分析によるもの等。また、市場のリスク等を考えたリスク指標等も考慮されたり、天文学やホロスコープ、自然数値等を使ったアプローチ等、実に様々です。

 

マーケットは偶然性に支配されているのか。あ何かの法則に支配されているのか。

に長年にわたり議論されていますが、決着はついていません。

マーケットは偶然性に支配されながらも、先ほどあげたような影響を受けてるというのは現実的な認識だと思います。

 

ランダムウォーク理論は、相場が成熟し、投資家が合理的に行動すると、相場はランダムに動く、という理論です(後ほど詳しく説明があります)

 

行動ファイナンス理論は、心理学の応用で経済現象を解明しようとする行動経済学の一種です。

この分野の第一人者であるダニエル・カールマン教授が2002年にノーベル経済学賞を受賞しています。

 

 

理論が大事なのではなく、理論は現実をよりよく説明し、理解するためのツールです。

 

 

各理論による市場価格の予測、分析が正しかったかどうか、

分析が正しかったのか、偶然なのか。は、相当数の結果をみてみないと解らないため、

リターンリバーサル現象という、一時期結果がよかったものは、その後結果が悪くなる、という傾向があると言われています。

 

 

効率的市場仮説と、これから説明するランダムウォーク理論には、賛否が非常に分かれる内容です。

1つの考え方として、捉えてください。