みなさま今日のポチッとに是非ご協力
お願い致します(人´∀`).☆.。.:*・゚
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

皆さまのおかげでブログ更新が
毎日とても楽しいです。

国債価格急落のなか、日銀頼みの相場展開に

2日の225先物は前日比250円安の16340円。国債価格の急落が嫌気されて、午後一段安
の展開となった。一方、米国株式相場は下落。ダウ平均は90.74ドル安の18313.77、
ナスダックは46.46ポイント安の5137.73で取引を終了した。欧州株が全面安となった
ほか、日本の景気刺激策への失望感から売りが先行。原油安や7月新車販売台数が前
年同期比で減少したことも嫌気され、下げ幅を拡大した。6月個人支出が予想を上振
れたほか、インフレ指標の一つであるPCEコア指数が予想に一致したものの、相場へ
の影響は限定的だった。

円建てCME先物は225先物比245円安の16095円。為替市場では、ドル・円が101円00銭
台、ユーロ・円が113円30銭台(8時00分時点)。日米金利差縮小による円高ドル安
や、原油価格下落によるリスク回避の流れが下押し圧力となりそうだ。外部環境が悪
化する一方、本日は日銀によるETF買入枠が拡大するかどうかに注目が集まる。昨日
の段階で、財務相と金融庁長官の認可が下りたことで、年間6兆円の運用が本日から
スタートするとの公算。ただ、黒田日銀体制では、第2営業日から翌月の第1営業日ま
では同額の買付となっていたことから、本日も347億円に留まる可能性はある。下落
スタートが予想される本日は、日銀頼みの相場展開となろう。仮に347億円の倍近い
金額の買付が実施されれば、現物市場ではファーストリテ<9983>や、ソフトバンクグ
<9984>など指数寄与度の高い銘柄は強含む可能性がある。本日の上値メドは16300
円、下値メドは15950円。

2日の東京市場で10年債利回りは一時0%に接近し、約4カ月半ぶりの水準となった。
この日行われた10年国債入札が市場予想を下回る低調な結果となったことが、利回り
上昇の主な理由とみられているが、日本銀行は9月の金融政策決定会合で「総括的な
検証」を行うことも警戒されていたようだ。市場参加者の間では、「政府が閣議決定
した事業規模28.1兆円の経済対策の効果を最大限に高めるためには、長期金利の低位
安定が必要不可欠」との声が聞かれている。長期金利が上昇を続けた場合、株安・円
高につながる可能性があることから、ドル・円の取引では長期金利の動向が有力な手
がかり材料となりそうだ。

雲上限での攻防

2日のNY市場は下落。欧州株が全面安となったほか、日本の景気刺激策への失望感か
ら売りが先行。その後も原油安や7月新車販売台数が前年同期比で減少したことも嫌
気され、下げ幅を拡大した。6月個人支出が予想を上振れたほか、インフレ指標の一
つであるPCEコア指数が予想に一致したものの、相場への影響は限定的だった。ダ
ウ平均は90.74ドル安の18313.77、ナスダックは46.46ポイント安の5137.73。シカゴ
日経225先物清算値は大阪比245円安の16095円。

シカゴ先物にさや寄せする格好から売り優勢の展開に。これにより、支持線として意
識される25日線や一目均衡表の雲上限を割り込んでくる可能性が高い。ただし、大阪
225先物は先週、日銀の金融政策決定会合時の波乱展開の中で、15910円と16000円を
割り込む場面をみせていた。昨日のナイトセッションで再び16000円を割り込んでお
り、シグナルは悪化傾向となろうが、節目を割り込む局面においては、底入れ感も意
識されてく可能性も。15900-16300円のレンジを想定。

[予想レンジ]

上限 16300円-下限 15900円

本日の主な指標発表

<国内>
08:50  日銀政策委員会・金融政策決定会合議事要旨公表(6月15・16日分)
14:00  基調的なインフレ率を捕捉するための指標(日本銀行)
内閣改造の見通し

<海外>
10:45  中・財新サービス業PMI(7月)    52.7
10:45  中・財新総合PMI(7月)    50.3
14:00  印・サービス業PMI(7月)    50.3
14:00  印・総合PMI(7月)    51.1
16:00  トルコ・消費者物価指数(7月)    7.64%
16:30  亜・タイ中央銀行が政策金利発表  1.5%  1.5%
17:00  欧・ユーロ圏総合PMI改定値(7月)  52.9  52.9
17:00  欧・ユーロ圏サービス業PMI改定値(7月)  52.7  52.7
18:00  欧・ユーロ圏小売売上高(6月)  0.1%  0.4%
20:00  米・MBA住宅ローン申請指数(先週)    -11.2%
21:15  米・ADP全米雇用報告(7月)  17.0万人  17.2万人
22:00  ブ・サービス業PMI(7月)    41.4
22:00  ブ・総合PMI(7月)    42.3
23:00  米・ISM非製造業景況指数(7月)  56.0  56.5