みなさま今日のポチッとに是非ご協力
お願い致します(人´∀`).☆.。.:*・゚
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

皆さまのおかげでブログ更新が
毎日とても楽しいです。

台風接近も加わり積極的な売買は手控えられ

15日の225先物は前日比50円安の16870円。お盆入りで静かな相場展開となり小幅反落
となった。一方、米国株式相場は上昇。ダウ平均は59.58ドル高の18636.05、ナス
ダックは29.12ポイント高の5262.02で取引を終了した。原油相場の上昇を受け、買い
が先行。堅調な8月NAHB住宅市場指数が好感されたほか、ハイテク株にも買いが広が
り、終日堅調推移となった。ダウ、ナスダック総合指数、S&P500指数が過去最高値を
更新した。

円建てCME先物は前日の225先物比変わらずの16870円。為替市場では、ドル・円が101
円20銭台、ユーロ・円が113円20銭台(8時00分時点)。前日同様、本日も参加者減少
で静かな相場展開となりそうだ。7月戻り高値16930円に顔合わせしているが、抜け切
れない状況は続くと見る。国内では目立った材料は観測されておらず、決算発表も一
巡したことから個別物色も期待しにくい。また、台風7号が明日の朝方、関東に上陸
もしくは再接近する可能性もあることから、積極的なポジション取りは手控えられよ
う。本日の上値メドは16930円、下値メドは16800円とする。

4-6月期国内総生産(GDP)一次速報値は、市場予想を下回る前期比年率+0.2%に留
まった。成長率は1-3月期の+2.0%から大幅に減速。経済成長の予想以上の鈍化を受
けて日本銀行による9月追加緩和への期待は広がりそうだ。ただ、ドル・円の取引
は、米国の金利見通しを注目している投資家が多い様子。26日のジャクソンホールで
開催される年次シンポジウムでのイエレンFRB議長の発言まで、為替市場での積極的
な売買は手控えられると見られる。なお、主要な経済指標の発表を控えていることか
ら、ポンドは大きく動く可能性がある。

5日線を支持線に+1σでの攻防

15日のNY市場は上昇。原油相場の上昇を受けて買いが先行し、その後も堅調な8月
NAHB住宅市場指数が好感された。ダウ平均は59.58ドル高の18636.05、ナスダックは
29.12ポイント高の5262.02。シカゴ日経225先物は大阪比変わらずの16870円だった。

円相場は1ドル101円20銭辺りと横ばいで推移している。方向感が出難い状況であ
り、まずはシカゴ先物同様、前日比変わらず水準から始まることになりそうだ。その
後は参加者が限られる中で、こう着感の強い相場展開になりそうだ。

5日線が16790円辺りに位置しており、これが支持線として意識されよ。価格帯別出
来高の商いが膨れていた16600-16800円のレンジ上限水準での底堅さは意識されるよ
うなら、ムードは悪くならないだろう。ボリンジャーバンドでは+1σでの攻防といっ
たところ。16800-16950円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 16950円-下限 16800円

本日の主な指標発表

<国内>
13:00  首都圏マンション発売(7月)    -12.9%
17:00  業態別の日銀当座預金残高(7月)

<海外>
05:00  米・対米証券投資収支(6月)    411億ドル
15:30  印・卸売物価指数(7月)  2.86%  1.62%
17:30  英・物価統計(7月)
18:00  独・ZEW期待調査(8月)    -6.8
18:00  欧・貿易収支(6月)    246億ユーロ
18:00  欧・ZEW期待調査(8月)    -14.7
21:30  米・住宅着工件数(7月)  117.5万戸  118.9万戸
21:30  米・住宅建設許可件数(7月)  116.0万戸  115.3万戸
21:30  米・消費者物価コア指数(7月)  2.3%  2.3%
22:15  米・鉱工業生産指数(7月)  0.2%  0.6%
22:15  米・設備稼働率(7月)  75.6%  75.4%