yjimage (5)

みなさま今日のポチッとに是非ご協力
お願い致します(人´∀`).☆.。.:*・゚
にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ

皆さまのおかげでブログ更新が
毎日とても楽しいです。

16800円レベルでのもみ合いか、関心はアキュセラへ

6月1日の225先物は前日比260円安の16970円。ドル安・円高の流れが加速したことで
225先物は大幅反落となった。米国株式相場は上昇。ダウ平均は2.47ドル高の
17789.67、ナスダックは4.20ポイント高の4952.25で取引を終了した。中国の製造業
指数が低調となったことで欧州株が全面安となり、売りが先行。石油輸出国機構
(OPEC)総会を控えて原油相場が下落したことや、軟調な5月新車販売台数も嫌気さ
れた。一方で、米国の製造業指数が堅調となったほか、欧州中央銀行(ECB)理事会や3
日の雇用統計を見据えた買い戻しから引けにかけて下げ幅を縮小し、小幅上昇に転じた。

円建てCME先物は前日の225先物比115円安の16855円。為替市場では、ドル・円が109
円50銭台、ユーロ・円が122円40銭台(8時00分時点)。FF金利先物では6月利上げを
予想する数値は20%ほどと前日比で5%低下している。昨年12月に利上げした際は
70%まで高まっていたことから、市場では6月15日のFOMCで利上げを発表する可能性
はかなり低いと見られている。利上げ懸念後退はドル安につながることで、足元円高
推移に警戒。消費増税の再延期、大型補正は秋ごろとそれぞれ発表されたことから材
料も出尽くしか。225先物は16800円台でのもみ合いとなり、市場の関心はアキュセラ
<4589>に集中しそうだ。本日の上値メドは16950円、下値メドは16750円とする。

日本時間21時15分に発表される5月ADP全米雇用報告では、雇用者数は前月比+17.4万
人程度と予想されており、4月実績の+15.6万人をやや上回る雇用増となる見込み。予
想通りであれば、労働市場の穏やかな改善は続いているとの見方が広がり、6月追加
利上げの期待はやや高まるのではないか?との声が聞かれている。ただし、為替取引
では米労働省が3日に発表する5月雇用統計の内容がより重要となり、ADP全米雇用報
告の数字は参考程度にとどまるとの見方は少なくない。1日公表された米地区連銀経
済報告では「労働市場のひっ迫で賃金上昇」、「雇用、賃金は4月中旬以降、緩やか
に拡大」との見解が示されたが、5月雇用統計の内容を点検し、賃金上昇が物価上昇
につながるかどうかを見極めることが必要となりそうだ。

売り方も仕掛けづらい需給状況

1日のNY市場は小幅に上昇。中国の低調な経済指標を嫌気して欧州株が全面安とな
り、この流れを受けて売りが先行。しかし、米国の製造業指数が堅調となったことを
受けて下げ幅を縮めると、ECB理事会や週末の雇用統計を見据えて買い戻しも入り、
大引けにかけて上昇に転じている。ダウ平均は2.47ドル高の17789.67、ナスダックは
4.20ポイント高の4952.25。シカゴ日経225先物清算値は大阪比115円安の16855円。

シカゴ先物にさや寄せする格好から、売り優勢の展開になろう。価格帯別出来高で
商いが膨れていた16800-17000円水準での攻防になり、この水準を下放れてくるよう
だと、センチメントが悪化する可能性がある。そのため、同水準に位置する転換線や
基準線、25日線辺りでの攻防となろう。重要イベントや指標等の発表が控えており、
積極的な売買は手控えられそう。売り方も仕掛けづらい需給状況と考える。16750-
17050円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 17050円-下限 16750円

本日の主な指標発表

<国内>
08:50  マネタリーベース(5月、日本銀行)    26.8%
08:50  対外対内証券売買(先週)
10:00  営業毎旬報告(5月31日現在、日本銀行)
10:30  日銀の佐藤審議委員が講演(14:00から記者会見)
14:00  消費態度指数(5月)  40.3  40.8
17:00  日本銀行が保有する国債の銘柄別残高
17:00  日本銀行による国庫短期証券の銘柄別買入額

<海外>
10:30  豪・貿易収支(4月)  -21.00億豪ドル  -21.63億豪ドル
10:30  豪・小売売上高(4月)  0.3%  0.4%
18:00  欧・生産者物価指数(4月)  -4.1%  -4.2%
20:45  欧・欧州中央銀行(ECB)が政策金利発表
ドラギ総裁が記者会見  0.00%  0.00%
21:00  ブ・鉱工業生産(4月)  -0.9%  1.4%
21:15  米・ADP全米雇用報告(5月)  17.8万人  15.6万人
21:30  米・新規失業保険申請件数(先週)    26.8万件
22:45  米・消費者信頼感指数(先週)    42