にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ   

おはようございます.☆.。.:*・゚

皆さまのおかげでブログ更新が
毎日とても楽しいです。

商い少ないも堅調推移か、19500円台回復を意識

21日の225先物は前日比130円高の19380円。出来高低迷のなか、じりじりと上昇する
展開となった。一方、米国株式相場は上昇。ダウ平均は118.95ドル高の20743.00、
ナスダックは27.37ポイント高の5865.95で取引を終了した。複数の主要小売決算が
好感され、買いが先行。目立った経済指標の発表が無い中、原油相場の上昇や、近
く発表が予定される減税策への期待から終日堅調推移となった。S&P500、ナスダッ
ク総合指数、ダウの主要株価指数が揃って最高値を更新した。

円建てCME先物終値は21日の日中終値比65円高の19445円。為替市場では、ドル・円
が113円70銭台、ユーロ・円が119円80銭台(8時00分時点)。米国株にドル高、原油
高と外部環境は良好。225先物は19500円台回復を意識した格好となろう。フランス
大統領選挙に対する不透明感が日増しに高まっていることから、欧州政治リスクが
上値をおさえそうだが、早期の米利上げ実施への思惑は根強い。今晩のFOMC議事録
で「はしご」を外される可能性はあるが、CMEが算出するFed Watchでは、3月利上げ
予想は2割程度と、警戒するほどの「はしご」はかかっていないとの見方。本日も商
いは少ないかもしれないが、堅調な一日を想定する。上値メドを19520円、下値メド
を19400円とする。

21日発表された2月のマークイット米製造業PMIと、サービス業PMIはいずれも市場予
想を下回ったことから3月利上げは時期尚早とみられている。しかし、トランプ大統
領が今月中に税制改革案を公表した場合、3月の米連邦公開市場委員会でその影響に
ついて議論されることは間違いないとみられており、FOMCの金利予測が変更される
可能性もある。米フィラデルフィア地区連銀のハーカー総裁は21日の講演で、「ト
ランプ政権の財政策にかかわらず2017年内の利上げは3回が適切」との考えを表明し
たが、トランプ政権がドル高に対する懸念を表明しない場合、3月利上げの思惑はや
や強まることが予想される。

 

レンジ突破は厳しいが上限を試す展開意識される

21日のNY市場は上昇。複数の主要小売決算が好感され、買いが先行。目立った経済
指標の発表が無い中、原油相場の上昇や、近く発表が予定される減税策への期待から
終日堅調推移となった。ダウ平均は118.95ドル高の20743.00、ナスダックは27.37ポイ
ント高の5865.95。シカゴ日経225先物清算値は大阪比65円高の19445円
シカゴ先物にサヤ寄せする格好から、買いが先行しよう。円相場は1ドル113円70銭
辺りとやや円安に振れて推移していることも安心感につながる。昨日の日経平均は、2
5日線を支持線としたリバウンドによって5日線を突破してきている。一目均衡表では
基準線、雲上限、転換線などが支持線として意識されているなかでのリバウンドに。
これにより遅行スパンは実線を下から上に突き抜ける格好での、上方転換シグナルを
発生させてきている。
ボリンジャーバンドでは中心値(25日)での攻防から、+1σを捉えてきている。バ
ンドは横ばい推移のため早い段階で過熱感が出やすいが、+2σを捉えてくるようだ
と、直近戻り高値水準の19500円を試す格好になりそうだ。週間形状では13週線が支持
線として機能している。上値は抑えられているが、13週線によって下値を切り上げて
おり、煮詰まり感が台頭している。レンジ突破は期待しづらいところだが、上限を試
す展開は意識されよう。19400-19500円のレンジを想定する。

[予想レンジ]

上限 19500円-下限 19400円

 

本日の主な指標発表

<国内>
10:00  営業毎旬報告(2月20日現在、日本銀行)
17:00  日本銀行が保有する国債の銘柄別残高
17:00  日本銀行による国庫短期証券の銘柄別買入額

<海外>
10:30  中・新築住宅価格(1月)
17:30  亜・香港GDP(10-12月)  2.3%  1.9%
18:00  独・IFO景況感指数(2月)  109.7  109.8
18:30  英・GDP改定値(10-12月)  2.2%  2.2%
19:00  欧・ユーロ圏消費者物価指数改定値(1月)  -0.8%  0.5%
20:00  ブ・FGV消費者信頼感(2月)    79.3
20:00  ブ・FGV建設コスト(2月)    0.29%
21:00  ブ・拡大消費者物価指数(IPCA-15)(2月)    0.31%
21:00  米・MBA住宅ローン申請指数(先週)    -3.7%
22:30  加・小売売上高(12月)  0.2%  0.2%
24:00  米・中古住宅販売件数(1月)  555万件  549万件