にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ   

おはようございます.☆.。.:*・゚

皆さまのおかげでブログ更新が
毎日とても楽しいです。

もみ合いか、関心は値動きのあるマザーズ市場に

15日の225先物は前日比160円高の19440円。米国株高の流れを受けて、225先物は
「往って来い」の展開となった。一方、米国株式相場は上昇。ダウ平均は107.45ド
ル高の20611.86、ナスダックは36.87ポイント高の5819.44で取引を終了した。1月の
消費者物価指数や小売売上高が予想を上振れたほか、堅調な2月NAHB住宅市場指数が
好感され、買いが先行。昨日に引き続き行われたイエレン議長の議会証言では、米
経済が当局の目標達成に近いとの認識を示した。またトランプ大統領が小売業界幹
部との会談で、そう遠くない将来に大規模な税制案を発表すると発言したことも手
伝い、終日堅調推移となった。S&P500、ナスダック総合指数、ダウの主要株価指数
は揃って連日の最高値更新となった。

円建てCME先物は、15日の日中終値比25円安の19415円。為替市場では、ドル・円が
114円30銭台、ユーロ・円が121円10銭台(8時00分時点)。米国株高の流れは追い風
だが、為替が円安に進んでいないことから、225先物は前日終値水準でのもみ合いと
なる公算が大きい。東証一部の売買代金も減少しており、投資家の関心は東芝
<6502>や、値動きの軽い中小型株に向かおう。とりわけマザーズ市場の売買代金は
日に日に増加しており、昨日の売買代金は約1300億円と昨年7月以来の商いとなって
いる。大型株物色一服に伴う幕間的な流れとみるが、材料難の地合いを考慮すると
本日も中小型株物色は強まりそうだ。本日の上値メドは19500円、下値メドは19350
円とする。

イエレンFRB議長は、下院金融サービス委員会で議会証言を行い、利上げ継続の必要
があることを示唆した。上院での証言と内容的に大きな差はなかったが、質疑応答
では金融緩和政策や銀行規制について、共和党議員から厳しい質問を受けた。報道
では、共和党のヘンサーリング委員長は「ゼロ金利や、FRBのバランスシート拡大が
健全な経済につながると裏付ける材料は全く存在しない」と指摘。同委員長は、FRB
が政策ルールを無視した場合、議会が金利政策を監視する規制案を計画する。イエ
レンFRB議長はFRB(中央銀行)の独立性が脅かされることを強く警戒しているとみ
られているが、トランプ大統領はFRBに対する議会の影響力を大幅に高めることを計
画している様子。この場合、FRBの金融政策における自由度はかなり低下する可能性
があるため、金利見通しの不確実性は高まり、ドル高継続の思惑はやや後退する可
能性がある。

 

19500円の抵抗も煮詰まり感が台頭

 15日のNY市場は上昇。予想を上回る経済指標のほか、トランプ政権による大規模減
税策への期待から終日堅調な展開。ダウ平均は107.45ドル高の20611.86、ナスダック
は36.87ポイント高の5819.44。シカゴ日経225先物清算値は大阪比25円安の19415円。
円相場は1ドル114円20銭辺りで推移している。
 米国はNYダウなど主要な指数は連日で最高値を更新しているが、日経平均は19500円
近辺での上値の重さが意識されるなか、こう着感の強い相場展開が続きそうである。
日経平均は直近戻り高値水準でのこう着が続いており、ボリンジャーバンドでは+1σ
と+2σとのレンジ内での推移。一目均衡表では雲を上回っての推移となるなか、遅行
スパンは実線を上回ってきており、上方シグナルを発生。本日はS実線が19300円まで
下がるため、横ばい推移であれば、実線から上放れる格好にはなる。週間形状では上
昇する13週線が支持線として機能。強弱感が対立しやすいところではあるが、13週線
を支持線に下値を切り上げており、煮詰まり感が台頭してきている。19350-19550円の
レンジを想定。

[予想レンジ]

上限 19550円-下限 19350円

 

本日の主な指標発表

<国内>
08:50  対外対内証券売買(先週)    

<海外>
09:30  豪・雇用統計(1月)  5.8%  5.8%
13:00  亜・マレーシアGDP(10-12月)    4.3%
16:00  欧・欧州新車販売台数(1月)    3.0%
19:00  ブ・FGV消費者物価指数(IPC-S)(対象期間:2月15日まで1カ月間)   0.6
1%
19:30  ブ・経済活動(12月)    0.2%
22:30  米・住宅着工件数(1月)  123.0万戸  122.6万戸
22:30  米・住宅建設許可件数(1月)  123.0万戸  122.8万戸
22:30  米・新規失業保険申請件数(先週)    23.4万件
23:45  米・消費者信頼感指数(先週)    47.2
23:45  米・経済期待指数(2月)    56