にほんブログ村 先物取引ブログ 日経225先物へ   

おはようございます.☆.。.:*・゚

皆さまのおかげでブログ更新が
毎日とても楽しいです。

日銀会合は無風での通過か

10月31日の225先物は前日比20円安の17440円。「トランプ・リスク」再燃でマイナス
圏での推移となったが、底堅い値動きは確認できた。一方、米国株式相場は下落。ダ
ウ平均は18.77ドル安の18142.42、ナスダックは0.97ポイント安の5189.13で取引を終
了した。大型買収の発表が好感される一方で、今週の連邦公開市場委員会(FOMC)や雇
用統計の内容を見極めたいとの思惑や、クリントン氏の私用メール問題に関する連邦
捜査局(FBI)の追加調査で大統領選の見通しが不透明となったとの懸念から上値も重
く、小幅な値動きに終始する展開となった。

円建てCME先物は、31日の日中終値比45円安の17395円。為替市場では、ドル・円が
104円80銭台、ユーロ・円が114円90銭台(8時00分時点)。欧米株は小動きとなって
いるが、欧米の恐怖指数(米VIX、欧州VSTOXX)は上昇基調が強まっている。先行き
警戒感を示す水準ではないが、オプション市場では「トランプ・リスク」を徐々に織
り込みにいっている状況か。そのようななか日本株は底堅い推移が見られる。決算発
表シーズンで個別対応の物色が強まっていることも影響しているようだが、日経
VI(ボラティリティ・インデックス)は20pレベルで推移している。6月の英国国民投
票前の状況にも似ていることから警戒したいところだ。なお、本日は日銀金融政策決
定会合の結果が発表されるが、「現状維持」との見方が強く動意に欠けた展開となろ
う。上値メドは17450円、下値メドは17300円とする。

黒田日銀総裁は9月の会合後に行われた会見で「長短金利操作を中心とする枠組みで
は、マネタリーベースや国債残高を操作目標とする従来の枠組みより、経済情勢の変
化に柔軟に対応できる。政策の持続性も高まる」との見方を示した。10年国債利回り
は9月下旬以降、おおむね-0.06%前後で推移している。2年債の利回り水準は-0.25%
前後で推移しているが、足元では若干上昇しており、両者の利回り格差は若干縮小し
ている。日銀は、「イールドカーブの過度な低下、フラット化(利回り格差の縮小)
は、広い意味での金融機能の持続性に対する不安感をもたらし、マインド面などを通
じて経済活動に悪影響を及ぼす可能性がある」と指摘。市場では、日銀の金融調節に
よって10年債の利回りはやや上昇し、0%近辺に接近すると予想しているが、この動
きは為替相場にも影響を与える可能性がある。日米の長期金利格差がやや縮小した場
合、ドル売り・円買い材料になるとみられており、この点について日銀の見解や黒田
総裁の会見内容が注目されそうだ。

 

やや利食い優勢の相場展開に

31日のNY市場は下落。大型買収の発表が好感される場面もあったが、連邦公開市場
委員会(FOMC)や雇用統計の内容を見極めたいとの思惑や、クリントン氏の私用メール
問題によって大統領選の見通しが不透明となったとの懸念から上値も重く、結局は小
幅な下げになっている。シカゴ日経225先物清算値は大阪比45円安の17395円となり、
やや利食い優勢の相場展開になりそうだ。
ボリンジャーバンドでは+2σと+1σとのレンジ内で推移。バンドが切り上がりをみ
せるなか、やや+1σ寄りで推移しており、過熱感は和らいでいる。週間形状について
もバンドが拡大する格好であり、+2σに沿った形状に。週間形状の一目均衡表では雲
の中での推移で強弱感が対立しやすいが、遅行スパンは上方シグナルを継続させてい
る。MACDはやや下向きとなったが、シグナルとのプラス乖離継続。17300-17500円の
レンジを想定。

[予想レンジ]

上限 17500円-下限 17300円

 

本日の主な指標発表

<国内>
14:00  新車販売台数(10月)    3.7%
15:30  黒田日銀総裁が会見
15:30  税収実績(9月末)
17:00  当面の長期国債買い入れの運営(日本銀行)
日銀政策委員会・金融政策決定会合(2日目)
日銀金融政策決定会合、決定内容と展望リポートを発表  -0.1%  -0.1%

<海外>
10:00  中・製造業PMI(10月)  50.3  50.4
10:00  中・非製造業PMI(10月)    53.7
10:45  中・財新製造業PMI(10月)  50.1  50.1
12:30  豪・オーストラリア準備銀行(豪中央銀行)
政策金利発表  1.50%  1.50%
14:00  印・製造業PMI(10月)    52.1
18:30  南ア・失業率(7-9月)    26.6%
18:30  英・製造業PMI(10月)  54.4  55.4
20:00  ブ・鉱工業生産(9月)  0.4%  -3.8%
23:00  米・ISM製造業景気指数(10月)  51.5  51.5
23:00  米・建設支出(9月)  0.5%  -0.7%
26:00  ブ・貿易収支(10月)    38.03億ドル