今年の3月25日に大阪で開催された勉強会の特典だった「TIIシステム」。

すでにご存じの方も多いかと思いますが、このTIIシステムは相場が上に行けば買いサインが、

相場が下に行けば売りサインが生成されるシステムです。

トレンドの発生は移動平均線などでも判断することができますが、平均値を何本にするかでエントリータイミングが変わったり、相場によって適正なパラメーターは異なります。

このTIIシステムは「ダマシ」を極力排除し、確率のより高いエントリーポイントを示せるように作られています。

5分足、15分足、30分足、60分足、日足と5つに分かれています。

この中もで開発者である山口先生は15分足と1時間足をよく使われることが多いそうです。

 

ちなみに、15分足の7月の実績はこのようになっています。

15分足7月実績

小幅に利確していく手法となっており、

ロスカット設定もあるので含み損が膨らむことはありません。

 

ちなみに日足戦略の実績はこのようになっています。

60分足月別実績

ここ直近は見事なレンジ相場になっているので、

本当にサインが出ていません・・・。

 

8月の推移についてもまた更新しようと思います^^