■システムスペック詳細■
スペック

■実取引での損益グラフ■

グラフ

■直近の取引履歴■

取引

※直近の10取引履歴を掲載しています。

■月間損益一覧■
成績

※上記の利益額は、対象銘柄となる日経225miniを最少枚数で取引した場合の金額を記載しています。
※将来の運用成果を約束できるものではありません。

 

 

ロジック開発者プロフィール■

■名前
TML石田  [30代・男性]

■経歴
日本テクニカルアナリスト協会 認定テクニカルアナリスト。
証券会社や証券取引所に係るシステムの専門機関で約8年、トレードツールの開発やトランザクション分析等を手掛ける。 8年間はほぼ毎日仕事をし、その多忙っぷりから、周囲に「歩く証券システム」と呼ばれるほどであった。 いくつかの投資手法のうちの一つを使って、300万円の資金をわずか半年間で約9倍にあたる2,781万円まで増やすという、常人ではありえない経歴を持つ。 その後、専業システムトレードを中心に日経225やFXなど、数々のトレードロジックやツールの開発を手がけている。
現在、トレードマスターラボにてシステムトレードの検証、またライブトレード225(リアルタイム実況トレード)にてMCを担当。

■システムの概要
日経225投資教材「五億導」より、五億導で解説している基本売買手法を2つ、日中寄り引け、イニシャルレンジブレイクを使った戦略です。どちらもオーソドックスな手法ですが、一部フィルターを掛け、長期的に安定したパフォーマンスが期待できる戦略です。

■戦略のポイント/アドバイス
日中(09:00~15:15)のみポジションを保有します。2つの手法を使うため、2ポジション保有します。どちらもロスカット設定がありますので、ザラバ中に大きな相場変動があったとしても損失が限定されます。

■戦略の実績
2015年10月から半年間ミニ1枚設定で+176,000円獲得。

■その他開発戦略
「バウンティハンター」「セレクトI」など