■システムスペック詳細■

スペック

 

■実取引での損益グラフ■

グラフ

 

■直近の取引履歴■

取引

※直近の10取引履歴を掲載しています。

 

■月間損益一覧■

成績

※上記の利益額は、対象銘柄となる日経225miniを最少枚数で取引した場合の金額を記載しています。
※将来の運用成果を約束できるものではありません。

 
ロジック開発者プロフィール■

■名前
225システマティックトレーダー [40代・男性]

■経歴
FXのEA開発からスタートし、12時間後のレートを予測するシステムを構築する。
また、TIIlimというインジケーターを開発して、相場が大きく動いた時にほぼ必ず利確できるシステムも開発する。
しかし相対取引ゆえの不透明さに嫌気がさし、日経225のシステム開発に転換。
一般的なインジケーターを一切使用しない独自のシステムを開発し、パラメーターの研究に没頭する。
現在まで50以上のシステムを開発し、第三者にも使っていただいて実績を積んできた。
ロジックも何回かブラッシュアップし、トレンド相場でもレンジ相場でも比較的負けの少ないシステムをいくつか開発してきた。
自分でもフォワードを重ねながら更にブラッシュアップし、その中のいくつかを上梓してきた。

■システムの概要
【日経225のかい離と収れんを応用したシステム】
日経225、日経平均、TOPIX、NYダウを主な分析指標にして、株価平均はかい離と収れんを繰り返すという原則に則ったシステムです。直近のボラティリティと過去の一定期間のボラティリティを比較することによってサインを生成させています。
・確率の高い日に限ってエントリーするため、見送りが多くなりますが、ドローダウンを最小限に抑えることに腐心したシステムです。したがって勝率、PFは高くなっていますので、比較的安心してエントリーできるシステムです。
・複数のロジックで構成されるポートフォリオシステム
ボラティリティーの大小、順張り、逆張りといった、複数の観点から、どのような相場でも安定して利益を積み上げることができるよう、5種類のロジックを作り上げ、システムに組み込んでいます。

■戦略のポイント/アドバイス
・直近のボラティリティが本システムの根幹にあるので、相場ツキが変化しても比較的迅速に対応できるシステムです。
・相場が上下に動くときにはその動きに乗ることができます。しかしレンジ相場ですと細かいLCを重ねてしまいます。
・他のシステムと併用することによって見送りを減らすことが可能でしょう。

■戦略のアドバイス
システムトレードはとにかく一喜一憂せずに使い続けて行かなければ結果が出ません。大きく勝った時も大きく負けた時も、常に「たまたまこうなった」と割り切っていくことが大切です。

■戦略の実績
2016年5月末時点で324,500円獲得

■その他開発戦略
デイトレードサイン、カルミア、カラー、トレンドバリュー、デイモデラート1、ナイトビバーチェ、